フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« ソフトトップ故障 | トップページ | 大修理(予告) »

2008年10月26日

車検終了

2008年10月4日

愛車「白カブ」購入後、2回目の車検が終了した。
今回の車検では、基本的には何処も修理することなく通過可能と言うことだったが、せっかくの入院なので、前回の入院で手をつけなかった残りの修理個所に手をつけることにした。そして、後回しにしていたステアリングの交換(標準→ウッド)もやることにした。

入院先は今回も「achar」でお願いした。

修理内容他は以下の通りである。
1.ATF交換
  ATオイルクーラーパッキン交換
2.デスビプラグ交換
  タペットパッキン交換
  エンジンヘッド締付け
3.ブレーキオイル交換
4.フューエルフィルター交換
5.ブレーキパッド(フロント)交換
6.エアフィルター交換
7.エンジンオイル交換
  オイルフィルター交換
8.ステアリング交換
9.シート(RECARO ERGOMED DS-V)のヘッドレスト交換

今回の修理、部品交換では4.のフューエルフィルター、5.のフロントブレーキパッド、8.のウッドステアリングを別途調達して修理工場に持込みを行った。

4.フューエルフィルターと8.ウッドステアリング、9.ヘッドレストはSAAB仲間のM氏より譲り受けた。5.ブレーキパッドはYahoo!オークションで「Lucas」を前後分(4個)購入したものを持ち込んだ。
「フューエルフィルター」は予防的交換のため、交換のBefore、Afterは「不変」としか言いようが無い。
「ブレーキパッド」はフロントのみ交換で、ディスクローター交換は行わなかった。その結果、交換当初ブレーキの効きが甘く、工場(achar)からも「絶対スピードは控えめにして、車間を十分に取ってくれ」と念押しされたほどであった。事実、工場から自宅へ戻る時、最初はかなり緊張するほどブレーキの効きが甘く、工場から言われるまでもなくスピードは出せない状態だった。しかし、自宅に着く頃にはその甘さもなくなり、当りが付いた状態になった。
工場~我が家は40km前後なので、その程度で当りが付くというのは「Lucas」はやや「柔らかい」のかも知れないと思われた。
ブレーキパッドについてもう少しエピソードを付け加えよう。
自宅に戻って2~3時間後、今度はSOCJの定例ミーティング(月例)に出席のため自宅を出たのであるが、車庫を出る時から「ブレーキ鳴き(キーキー音)」が始まった。
この「ブレーキ鳴き」は、この日帰宅するまでの自宅~ミーティング会場の往復時、終始鳴っていたのであるが、翌週行われた年に1度のSAABのお祭り「SAAB DAY」に出席のため長野県斑尾高原を往復した時には収まっていたのであった。
0810260001 「ウッドステアリング」は今年の春頃に入手以来、ずっと我が家のストック倉庫(物置)で待機していた訳だが、漸く出番が来たのであった。
インパネ、シフトノブとウッド化して、ステアリングも是非仲間に入れないと、どう見てもステアリングだけが浮いてしまうのである。という訳でウッド化できたことで、漸くウッド化計画第1弾が終了した気分となった。この後は、ドアノブ、グローブボックスなどとなるのだが、アメリカのサイトで扱っていたものが、最近出ていない。もしかすると扱いを止めたのかも知れない。第2弾は先ず扱いサイトを見つけてからとなる。
尚、ウッドステアリングの使用感であるが、革部分の感触は非常に良い感じで、純正のものより感触が良かった。但し、純正は長年の使用で既に革がツルツル状態であったため、やがてはウッドステアリングの革部も同じようになるのかも知れない。ウッド部であるが、各人の皮膚の状態によるかも知れないが、私の場合は滑りが悪い。このため、ドライビング手袋着用が必須となりそうである。
「ヘッドレスト」であるが、実は愛車に取り付けた「RECARO ERGOMED DS-V」は、純正のシートより背もたれがやや高いようで、RECAROに標準で付いているヘッドレストが助手席では斜め後方の視界にかなり邪魔になるということがRECARO装着後少し後になって判明したのであった。0810260002 このため、ヘッドレストがシースルーになっているタイプのRECAROのヘッドレストをM氏より譲り受け、今回装着したのであった。
ヘッドレスト位自分でできないのか?と思うなかれ。これが大変なのである。2人がかりでやらなくてはならない。しかも、ヘッドレストのロックの位置がなかなか分からない。取説にはロックの位置が書いてあるのだが、それが見つからない。ということで、ついにギブアップした訳である。
装着して見て、やはり全然Before、Afterが違う。
左ハンドル車での助手席側(斜め後方)視界が阻害されることは、安全運転上少なからずハンディとなる。ましてCabriolet車ではただでさえ後方視界が悪い所に持って来て、このハンディは大きい。
ヘッドレストのシースルー化は正解と言えるだろう。

0810260003 今回実施した修理・交換の中に「2.デスビプラグ交換、タペットパッキン交換、エンジンヘッド締付け」というものがある。これは「退院」の中でも触れているが、フロントからエンジンに向かって右側になるデストリビューター跡からのオイル漏れを「デスビプラグ交換」等で修理したのである。
これは論より証拠、Before、Afterを撮影しているので、見比べて戴くのが分かり易いと思う。

最後に、修理・交換後運転した感想であるが、先ず「ATF交換」によりシフトチェンジのショックが殆ど感じられなくなった。また、今回は特に触っていないはずの足回りに関係する路面からの振動も非常に軽減されていた。しかしこの「路面からの振動」は、恐らくタイヤの空気圧調整によるものではないかと想像している。(まだ、「achar」に確認はしていない。)

« ソフトトップ故障 | トップページ | 大修理(予告) »

愛車SAAB」カテゴリの記事

コメント

初めまして、車種は違いますが同じサーブとしていつも参考に
させて頂いています。
②のヘッド締め付けとはバルブカバーをはずす際に単にヘッドボルトの増す締めをされるだけでしょうか?
海外でも98-02頃のモデルはヘッドボルトが不良で増す締めもしくは交換した方がいいような事が書かれていたものですか
ら・・・

自分もバルブカバーのスラッジが心配で取り外して清掃しよう
かと思っているのですがその際ヘッドボルトも増す締めするかボルトも交換するかで悩んでいます。

>9-5親父さん

いらっしゃいませ&初めまして。
同じSAAB仲間として、今後宜しくお願いします。

さて、ご質問の「ヘッド締め付け」についてですが、正直、主治医さんの所でやってもらったので詳しいことは不明です。ただ、明細にボルト交換とか入ってなかったので、「増し締め」のみだと思われます。
今度確認して、分かり次第ご報告させて頂きます。

99年式9-3/9-5のヘッドボルトに関する海外の関係情報です。
http://www.genuinesaab.com/psi/files/headretorque.htm

9-5はある掲示板では2001年のVIN13055567までは旧ボルトを使用していてオイル/クーラントリークの予防措置として増す締めorボルト交換が推奨されているみたいですが?!。
もしかして主治医さんはご存知だったのかもしれませんね。

>9-5親父さん

貴重な情報、有難うございます。
私もそうですが、私のSAAB仲間(主に関東地区在住)は皆さん、主治医の「achar」さんに絶大なる信用を寄せています。
9-5親父さんはどちらにお住まいですか?東京・神奈川近郊にお住まいでしたら、1度「achar」さんに行って見られたら良いと思います。
特に修理等でなくても、冷やかしでもOKですよ。
行き辛いようでしたら、声をかけて下さい。どこかで待ち合わせて私もご一緒します。
もし、東京・神奈川近郊でないようでしたら、残念ですが。。。

これからも宜しくお付き合い下さい。

尚、分かり辛いですが、実はこのブログはHP「SAAB9-3 Cabioletに魅せられて」の1カテゴリーとして使用しています。
もし良かったら、私のHPも覗いて見て下さい。URLは以下の通りです。
http://homepage3.nifty.com/kame1000p/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/42902323

この記事へのトラックバック一覧です: 車検終了:

« ソフトトップ故障 | トップページ | 大修理(予告) »