フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« エンジンオイル交換と使用感 | トップページ | サマータイヤ交換 »

2010年2月21日

2010年度の修理他について

今年2010年にやらなければならない修理等、できればやりたいオプション関係を整理してみる。

1. 修理等

 サマータイヤ交換

 フロントタイロッドエンド修理(左右)

 ブレーキ ディスク(前左右)、パッド(前左右)

 11年目車検

2. オプション関係

 カーナビ交換(DVDHDD

 ECU交換(純正→Speed Parts

 フロントドアスピーカー増設

必然的に修理等を優先しなければいけないことは明らかであり、これを後回しにするつもりはない。従って、オプション関係は当然ながら“できればやりたい“という修飾語が付いてしまう訳である。


やらなければならない「修理等」でも、順番としては、先ず「タイヤ交換」である。

今現在、愛車はスタッドレスタイヤを履いているが、あと1ヶ月もしない内にサマータイヤに交換となるだろう。

この時に、去年まで履いていたタイヤが履けないのである。

去年までMichelin Pilot PRIMACY205/50R16)を履いていたのだが、僅か3年ほどでタイヤ表面にひび割れが現れ、交換を余儀なくされたのである。

本来であれば、私はこのPilot PRIMACYに何の不満もないため、また同じ銘柄で・・・ということになるのだが、残念なことにこの銘柄は既に販売が終了されており、今では手に入らない。

そこで、これに代わるものを探すことになったのだが、これがチョッとした苦労となった。そして、今現在も苦労は続いている。

車のオーナーであれば、1回や2回の経験はあると思うが、本当にタイヤ選びは大変である。

先ず、銘柄が星の数ほどあり、近年は国産、ヨーロッパに加えて、アジアも入って来ている状況の中、自分の欲しいタイヤを選び出すのは至難の業といわざるを得ない。しかも、当たり前の話だが、資金の問題も大いに関係して来る。

限られた資金の中で、選べるタイヤは、先ず「205/50R16」というサイズが設定されていなければならない。次は、自分の拘りである。

1. コンフォート系であること

2. ドライ、ウェットでの制御能が良いこと

3. 耐摩耗性に優れること

4. サイドウォールが硬くないこと

などが上げられる。


特に「4.サイドウォールが硬くないこと」は私にとってウェイトが高い。

現車のSAAB9-3 Cabrioletを購入した当時、販売店がMichelin Pilot PrecedaPP2ではない)を履かせて来たのだが、このタイヤが非常にワンダリング(轍に取られる)現象を起こしたため、ハンドルを必要以上に強く持っていなければならなかった。そのため、肩こりに悩まされる羽目になったのである。

この経験から“タイヤには絶対サイドウォールの硬い物は選ばない”という鉄則が私の中に出来上がったのはいうまでもない。


Michelin_primacy_lc そこで候補に残ったのは、MICHELIN PRIMACY LCPRELLI PZero Neroということになった。

予算的には、PIRELLIの方がかなり有難いのだが、Michelinの信奉者である私としては、何とかMichelinに持って行きたいところである。

予算に目処が立てば良いのだが。。。

Pirelli_pzero_nero

写真 左:MICHELIN PRIMACY LC

写真 右:PRELLI PZero Nero


次に「フロントタイロッドエンド修理(左右)」であるが、これは昨年(200911月)行なった12ヵ月点検で、左フロントタイロッドエンドに若干ガタがあるとの指摘を受けてのことである。

主治医のacharで聞いた所、修理は片側だけでなく両側をやった方が良いとのアドバイスを得たため、修理着手は急がないが、車検までには(或いは車検時に)修理をしなければならないということになった。大凡諭吉3人だそうである。


前回の車検(200810月)時にブレーキパッド(前左右)を交換した。パッドはヤフオクで購入したルーカスのものである。この時、次回車検時にはロータとパッドの交換が必要になるだろうとの主治医さんの言であった。

現時点でどの程度ロータが減っているのかは不明であるが、走行距離からして交換は必須であると思われる。

本来であれば、例え純正のロータ、パッドに交換するとしても、交換をしておかなければいけないことだが、これまた懐との相談が必要なのも現実。ということで、実は昨年偶然手に入れたフロントのロータを使用する手段が浮上したのだった。


今年(2010年)10月に11年目の車検を受けなければならない。現在の走行距離は103,000km超のため、そろそろ交換しなければいけないパーツも出て来るはずである。

主治医のacharで車検に備えて交換メニューを作ってもらう予定だが、メニュー依頼は34月頃にしようと思っている。

前回の車検時に、大いに悩み、考えた末、車検時に修理を一挙にやると、諭吉君の団体出動となり、こちらの懐が持たない。そこで点検料は2重となるが、年初から徐々に修理やパーツ交換をして車検に備えれば、車検時に諭吉君の大量出動が不要となる、という結論に達し、これを実施したのであった。結果的に多少諭吉君の出動数が多くなっても、一挙に出動しなければ、懐への負担は少なくなるというものである。

今回もこの手法で何とか車検を乗り切ろうという作戦。予定では、前回相当パーツ交換、修理を行ったので、今回は少なくて済む予定なのだが、果たしてどうなるだろうか。


そんなこんなでオプション関係の作業は、費用的に現状実施が不可能な状態にある。

特別急がなければならない問題でもないので、様子を見ながら実施を考えたいと思っている。

« エンジンオイル交換と使用感 | トップページ | サマータイヤ交換 »

愛車SAAB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/47628686

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度の修理他について:

« エンジンオイル交換と使用感 | トップページ | サマータイヤ交換 »