フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2010年度の修理他について | トップページ | ウィンカーバルブ交換奮戦記 »

2010年4月27日

サマータイヤ交換

2010425


前回の「2010年度の修理他について(2010/2/21アップ)」でも記したが、サマータイヤが交換の時期を迎え、コスト、乗り味、ブランドで大いに迷っていた訳だが、ついに一大決心をして交換を実施した。


Pilot_sport_3_2 今回購入に踏み切ったのは「MICHELIN Pilot Sport 3」という201031日発売の銘柄である。

それまで候補に考えていた「MICHELIN PRIMACY LC」、「PRELLI P-Zero Nero」は以下の理由で断念せざるを得なくなった。

1.「MICHELIN PRIMACY LC」:愛車のサマータイヤサイズは“205/50R16”であるが、つい最近このサイズの設定が無くなってしまった。

2.PRELLI P-Zero Nero」:コスト面のリーズナブルさがそもそもの選択理由であり、ブランドも「PRELLI」ということが安心感を与えた。しかしショップで実物を触ってみると、そのサイドウォールの硬さに不安を感じたのである。前回も書いたが、“サイドウォールの硬さ=ワンダリング(轍に取られる)”という実体験は私にとってどうしても譲ることのできない大きなポイントだった。元々“コンフォート系”に拘り出した理由もそこにあるのである。そんな訳で「P-Zero Nero」は候補脱落となった。


つい最近「MICHELIN Pilot Sport 3」の実物に触れる機会を得て、サイドウォールを触ってみた私は、正に衝撃を受けた。スポーツ系でありながらかなり“柔らかい”のである。

“コンフォート系”に拘っていた私としては、「これ(Pilot Sport 3)でも良いのではないか」という気持ちにさせられた。とはいいながら、やはり“Sport”であり一抹の不安も残っていた。

最終的に「Pilot Sport 3」と「PRIMACY HP(つい最近、LCに変わってサイズ設定の追加があった)」の二者択一となり、コスト面で上回る「Pilot Sport 3」に決定したのである。


東京府中の自動車ディーラーで購入することになったため、Pilot Sport 3での走行は自宅までの僅か10km前後の距離となった。

その僅かな距離でのインプレッションは以下の通りである。

 ワンダリング: 敢えて轍のありそうなルートを走ってみたが、特にワンダリングを感じる場面は無かった。

 音: 直前に履いていたタイヤがスタッドレスのため、かなり音が小さくなったように感じたが、交換前の「Pilot Primacy」に比べても少し小さめになったような気がする。

 その他: 走り出して直ぐに感じたのは「硬さ」である。スタッドレスとの比較になってしまうのであくまでも“個人的印象”と理解して戴きたいが、やや「硬い」。ギャップ通過時に路面から来る突き上げ感が以前よりやや顕著になったように感じられた。


所詮素人のインプレッションであり、サーキットの経験なども何も無い人間の戯言であるが、そんな素人でもかなり好印象を得ることができた今回の「Pilot Sport 3」は結構素人受けする製品なのかも知れないと思った次第である。

次は「高速道」での印象を是非感じてみたい。


尚、今回購入の Pilot Sport 3」は200951週製造のものだった。 

 

« 2010年度の修理他について | トップページ | ウィンカーバルブ交換奮戦記 »

愛車SAAB」カテゴリの記事

コメント

かめ様

おはようございます。
いやぁ~やりましたね、SAAB君もご機嫌でしょうね。 しかし此処までご研究されるとは本当に頭が下がります。 
私のRAV4の春夏秋タイヤは新車時の標準装着物で既に37千㎞走っています。 まだスリップサインまであと2㎜くらい残っていて、側面にもまだひび割れはないのですが、千円高速を制度終了までに楽しむときっと何処かで交換か必要になりそうな気配です。
一つ教えて頂けますか:
国産品とイタリアorフランスブランドでは実走行性能上に優劣はあるのでしょうか?
実は正直に申し上げると私のRAV4は名前だけの4駆で本当はFF2駆です、という言うくらいに無頓着(値段志向性が強い)なのですが、流石に距離をこれ程までに乗るようになると、接地能力には関心が高まります。
それと、高速道路は確かに長距離乗りますが、行き着いた先では結構オフロードも楽しむのですが、オン・オフ両生類のタイヤなんて求める方が無理というものなのでしょうか、何かアドヴァイスを頂けると幸甚です。

コメントを差し上げると言うよりも、御依頼することとなりました、御容赦。

>sajamaさん

こちらにもご登場戴き恐縮です。&お礼申し上げます。

先週タイヤ交換したばかりで、まだその後走っていないため、そろそろ走り始めようかと思っています。というか、実は走りたくてウズウズしています。(笑)

>しかし此処までご研究されるとは本当に頭が下がります。

いえいえ、私の勉強は必要に迫られてのことですが、それも不十分でお恥ずかしい次第です。タイヤ購入前に色々とネットでタイヤの評価をプロ、アマ拘らず読み漁りましたが、世の中本当に詳しい人が多い。中には私の理解を遥かに超えた「そんなことどうして分かるの?」って思ってしまう位の評価をされているアマの方もいたりして、ただただ驚き、絶句の世界でした。

>国産品とイタリアorフランスブランドでは実走行性能上に優劣はあるのでしょうか?

正直、余り自信のあるご回答をできず申し訳ないのですが、”聞きかじり”、”読みかじり”の眉毛にツバ位でお読み戴きたいと思います。
先ず「国産品」といっても色々あります。メーカーの数、もっといえば銘柄の数だけその特徴は違ってくるようです。同じように、「伊」「仏」ブランドでも同様です。ただ、総じていえば「国産」+「伊」は「仏」よりも磨耗が早いといわれています。特に国産のBS社などは減りが早いので有名です。しかし、BS社のタイヤの品質は非常にしっかりしていて、どのロットを取っても重量、ゴム厚などに差がないため、バランス取りでウェイトの取り付けが必要ない位だという話しも聞いています。
「伊」「仏」のタイヤは、日本人の感覚では超ロングツーリング(大陸横断など)に堪える工夫がされているという話しを聞いたことがあります。
しかし、結論として「実走行性能上の優劣」となると、正直私は余り自信がありません。あるタイヤショップの話では、「「国産」は下道と高速での乗り味が変わるが、「仏」ではそのようなことがない」という話しをされていました。
私が「仏」を信奉するのは、”耐摩耗性”と”信頼性”(もう一つ付け加えれば”ブランド”)ですね。乗り心地だけを考えれば、「国産」の方が優れているだろうと思います。

長々書いてしまいましたが、そうこう言いながらsajamaさんの「RAV4」で「仏」がマッチするかといえば、必ずしもいえないと思います。この辺は「SUV」乗りの皆さんの評価に譲らせて下さい。

かめ様

御返信有難う御座いました。参考になります。
実はこれまでミシュランは使った経験がなく、しかし周りでは極めて評判が良いので、一度は試してみたいブランドなのです。 20代の頃に箱スカGTX(18万㎞の中古で買い30万㎞まで乗り残念無念にも転勤で手放しました)にはピレリを履かせて至極満足していました。 

ウィンカーバルブのお話も読ませて頂くと、御腐心も多いかとは拝察申し上げるのですが、クルマに愛着を持ち大切に相棒として何やかやと真剣に考え遇することの楽しみも結構深いし多いですよね。

連休中の下道紀行とPilot Sport 3 インプレッション・レポートも楽しみに期待しております。

良いGWを♪♪

>sajamaさん

そうですか。ピレリのご経験は有ったんですね。お見それ致しました。
私は逆にピレリの経験がありません。
一度試してみたいと思っているのですが、結局今回のようにMICHELINに走ってしまうのです。(笑)

「箱スカGTX」、良いものをお持ちだったんですね。私は、当時「箱スカGT-R」に憧れましたが、結局初めて手に入れたのは「ジャパン」で、その後「7th」に乗ったのが最後です。
現在、息子が「ブルーバード(HU14)SSS-Z」に乗っていますが、何かのタイミングで「スカイライン」を手に入れるかもしれません。
しかし、多分「箱スカ」とは言わないまでも、往年の名車などには手を出すことはないだろうと思っています。

連休中、全く予定を組んではいませんが、ニュータイヤの慣らしも兼ねて「行きたいな~」と思っている所はあります。行けるチャンスができれば良いのですが。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/48200229

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイヤ交換:

« 2010年度の修理他について | トップページ | ウィンカーバルブ交換奮戦記 »