フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« ウィンカーバルブ交換奮戦記 | トップページ | ウィンカーバルブ塗装 »

2010年5月10日

ウィンカーバルブ交換奮戦記-その後-

「ウィンカーバルブ交換奮戦記」で紹介したフロントウィンカーバルブが”ダブル球”になっているという話の結果報告をさせてもらう。

国内仕様のアッセンブリを使用している限り、SAABの取説通り「PY21W」規格のシングル球が使用されているというのが結論である。
では、私のSAABについては、何故ダブル球になっていたのか。ことの次第はこうである。海外サイトで購入した”US仕様”のアッセンブリと日本国内純正のアッセンブリを交換したために今回の事件が発生したということである。

元々ダブル球はアメリカでは普通に使用されているが、日本国内では4輪に関して認められていない。しかし、海外サイトから”US仕様”を取り寄せ装着したため、仕様が変わってしまったのである。
では、元に戻すことはできないのか。国内仕様のアッセンブリについているウィンカーのソケットを持って来れば元に戻せるようである。

SAABオーナーの皆様には、大変お騒がせをしましたが、全ては私の早とちりであったとお許し下さい。

”US仕様”を装着されているオーナーの方は、「車検に通りません」などといわれない内に、一度チェックをされておいた方が良いかも知れません。老婆心ながら。。。

« ウィンカーバルブ交換奮戦記 | トップページ | ウィンカーバルブ塗装 »

愛車SAAB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/48326582

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンカーバルブ交換奮戦記-その後-:

« ウィンカーバルブ交換奮戦記 | トップページ | ウィンカーバルブ塗装 »