フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« スタッドレスタイヤ寿命? | トップページ | エアコンの風量調節故障 »

2011年7月 3日

バッテリー交換ほか

2011年5月8日<バッテリー交換>

Euroblack 2008年2月に交換して以来、3年3ヶ月での今回のバッテリー交換。モノはいつもの”YANASE EURO BLACK”にした。オークションやNETでは同じ物が半値以下で売買されているという話だったが、「古い物の処分に困る」ことや「モノの到着までやや時間を要する」こともあって、”お高い買い物”ではあったが、ヤナセで購入、交換をしてもらった。

今回バッテリーの交換に至った経緯だが、今年始め(正月)頃に”バッテリー上がり”を起こし、ブースターケーブルで嫁様の「PT-Cruiser」にレスキューしてもらった。その後1週間に1度はエンジンを掛けてバッテリー上がりを防ぐようにした所、特に問題もなく経過していたが、GWに主治医の「achar」で「ウィンドデフレクターのマウント部分修理」などを施工してもらった際に、バッテリーの電極部分に白い”粉吹き”が発見され、早期のバッテリー交換をアドバイスされた。
大阪に戻って早速の2011年5月8日にヤナセに行きバッテリーの状態を見てもらった所、充電状態は「good」であったが電極の”粉吹き”は、バッテリーの”突然死”の可能性が高いため交換がBESTということになったのである。

バッテリーにとって、冬場の低温状態は環境的に厳しいと言われているが、夏場の高温状態も決して快適な環境とはいい難い。まして夏場はエアコンの使用頻度がMAXになるため、バッテリーの消耗も激しく、そういう意味からも厳しいと言われている。
考えてみると、私のマイカー歴に於いて「バッテリー上がり」を経験したのは全て”冬場”だったような気がする。少なくとも「SAAB」では”冬場”だった。
'99年型のSAAB 9-3はその前の900ではなかったバッテリーを外温から守るカバーが着けられるようになった(我々仲間内では、これを称して「オムツカバー」と言っている)。このカバーが着いて、相当バッテリーへの影響が防がれるようになったと思われるが、それでもまだ十分ではないようだ。
ドイツの高級車ベンツでは、バッテリーへの温度の影響を防ぐために、バッテリーの設置位置をエンジンルームからリアのトランクルームに変更しているようだ。
これからのSAABがどのように進化するか分からないが、この辺の配慮は有っても良いのかも知れない。

5月21日<ワイパーブレード交換>

2010年3月に交換して以来なので、約1年ということになる。パーツは英国の「Parts for SAAB(PFS)」からの個人輸入である。PFSはこのパーツに関して2種類のメーカー製を扱っている。1つはSAAB純正であり、もう1つは”BOSCH”のアフターマーケット品である。
前回購入時(3年ほど前)にまとめ買いをしたため、ここ暫くサイトのチェックをしていなかったが、今回調べた所、3種類の扱いになっており、値段的に「BOSCH>SAAB>PFS(独自ブランド)」の順になっていた。私が購入した時は、「SAAB>BOSCH」だったのだが。。。
何れにしても1本1,000円を切る金額で、この辺は外国為替制度における円高の恩恵と言えるだろう。

ワイパーブレードの交換は非常に簡単で、私のような素人でも2本を数分で交換できる。但し、ワイパーのアームとブレードの接点について接続がどうなっているのか、その接続に注意しておいた方が良いと思う。そして、差し込み式の接続方法は、「カチッ」という感触がするまで押し込むということに注意した方が良いだろう。(自分の失敗経験から・・・)

基本的に、ワイパーの交換は1回/年と思っていた方が良い。
現状、BOSCHもSAABも品質は変わらない。今度のPFS独自ブランドは分からないが、さほど変わらないのではないかと思われる。何れにしても、日本国内の値段より遥かに安いが、送料の問題があるので、ある程度他のパーツと一緒にまとめ買いした方が良いと思う。

6月25日<エンジンオイル、エレメント交換>

私は、昔からであるが、エンジンオイルの交換は走行距離”5,000km”を見安にしている。ディーラーなどでは”3,000km”という話も出るが3,000km毎に替えていたのではコストパフォーマンスが悪過ぎると思われる。しかし”10,000km”にしたのでは、今度は機械に影響が出そうで怖い。ということで、”5,000km”に落ち着いている。

今までは横浜の主治医さん「achar」でお願いしていたが、こちら関西ではまだ主治医さんが決まっていないため、取り合えず「ヤナセ茨木支店」でお願いすることにした。
「achar」では”5W-40”を入れていたが、今回入れたオイルは、「Mobil 1(0W-40)」であった。何でも輸入元の「PCI」の指示によるものらしい。以前冬場に同オイルを入れた時は、エンジンの軽やかさを実感したが、6月の今日、”0W-40”は少々柔らか過ぎのように思われた。
乗ってみての印象は、冬場ほど明らかな軽快さなどはないが、勿論不具合などは起こっていない。

尚、オイルエレメントはPFSでまとめ買いしたものを持込で交換してもらった。SAABの場合(?)ドレンワッシャーを必ず交換するが、これは金額的に僅かなものなので、PFSなどでまとめ買いをする必要はないと判断して施工工場にお任せしている。

« スタッドレスタイヤ寿命? | トップページ | エアコンの風量調節故障 »

愛車SAAB」カテゴリの記事

コメント

かめさん、おはようございます(^^♪
バッテリーの突然死は避けたいですね。そういえば以前オペルに乗ってた時、バッテリーカバーが付いていました♪ これで変わるのかと半信半疑でした。。。
私はメンテナンスフリーのバッテリーをいつも使っていますヨ(^^)
今はDEKAというブランド使っています♪ フリーで4年くらいは持ちます♪♪♪
値段がバカ高いですが、突然死は避けられるので安心料って事で我慢しています(^^)
お互いメンテナンス頑張りましょう!!!  ではまた★★★

>kokoro0093さん

そうなんです。流石に出先でのバッテリー死亡は経験していませんが、もしそんなことにでもなったら大変でした。オムツカバーは、”ある”と”ない”とではかなり違うようです。しかし、それよりトランクルーム移設の方が、もっと効果はあると思いますけどね。
「DEKA」ですか?初めての名前ですね。イタリアのメーカーなのでしょうか?4年保証とありますが、実際どうですか?
今度、インプレッションを教えて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/52106782

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー交換ほか:

« スタッドレスタイヤ寿命? | トップページ | エアコンの風量調節故障 »