フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 再びエアコン -風向調節故障- | トップページ | エキゾーストパイプ腐蝕 »

2012年1月13日

スタッドレス買換え

2011年12月4日

1201040028 既記載「スタッドレスタイヤ寿命?」で報告の通り、今回スタッドレスタイヤを買い換えなければならなくなった。
2005年1月に現愛車であるSAAB9-3用にスタッドレスタイヤを購入して以来、初めての買換えとなる。
雪国在住の方や、雪道に慣れている方々からは呆れられるかも知れないが、一冬に1回でも降雪、積雪(積もっても10cmほど)があれば、その後1週間は其処彼処に雪や凍結路面が残り、我家(東京)の付近は殊に坂道が多いため、冬場のスタッドレスタイヤ需要は大きくなるのである。そのため、普段は滅多にその威力を発揮することはないが、イザという時のための備えといえるだろう。事実、初回購入以来まだ1度もその威力は発揮されていない。
そのような状況のもと、タイヤだけは着実に経年劣化を進め、この度買換えとなった次第である。

今回購入したのは、前回と同じMICHELINの「X-ICE XI2」である。ご存じの方も多いと思うが、数あるタイヤの中でも最も値段の高い銘柄の1つであると言われている。
同タイヤの選択理由は以下の通り。

1.高速道路の使用が多いため、高速道路での使用に耐えるもの。
2.ドライ路面での走行が多いため、アイス、雪は元よりドライにも使用できるもの。
3.耐摩耗性が高いもの。
4.MICHELINが好きだから。

結構贅沢な条件であるが、1番条件に近いものということで「X-ICE XI2」ということになった。
また財政厳しき折ではあったが、可能な限りの安全は確保したいということで、頑張ってしまった次第である。
前タイヤも同様だったが、恐らく今回も”摩耗”よりも”経年劣化”で終わるのではないかと思われる。

2012年1月9日現在、約1,500km程走行した。走行内容は、一般道、高速道、ドライ、雪(1cm以下の積雪)であり、その殆どはドライである。
印象は悪くない。ドライでのグリップも悪くないし、積雪(?)も滑る感じはなかった。雨も滑ることはなかった。ということで、現状悪くない印象である。

« 再びエアコン -風向調節故障- | トップページ | エキゾーストパイプ腐蝕 »

愛車SAAB」カテゴリの記事

コメント

かめ様

実によおぉ~く判ります、同感です。 たった四枚の葉書程の接地面で支えて呉れるクルマの安全の要のタイヤ、実働比率の問題ではなく、必要時には不可欠な以上その準備と装備は絶対条件です。 それに人間趣味は非常に大切なもの、その為に掛けるコストは期待値以上のリターンが有形・無形にあるものです。 正解せいかい、相棒SAAB君喜んでます、オーナーの愛情を一杯に受けて♪♪♪ 日本海側は結構降雪地もありそうですし、青年と同様に熟年よ野に出でよ!! 

sajamaさん

コメントを有難うございます。御礼申し上げます。

思えばスキーを毎シーズンやっていた頃は、スタッドレスがどうの・・・というようなことは余り考えなかったように思います。(当時はスパイクタイヤ全盛でした。)それと「スタッドレスタイヤ」ではなく「スノーラジアル」と言ったように思います。
雪道も余り怖いと思わなかったし。。。若かったんですね。^^;

とにかく、今ではラジアルタイヤを履いていても、極力雪と遭遇しないように、ルートを選択するようにしています。情けないとも思いますが、避けられるリスクは極力避けるべきと考えます。

でも、また雪の世界も味わいたい気もしていますが。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/53724051

この記事へのトラックバック一覧です: スタッドレス買換え:

« 再びエアコン -風向調節故障- | トップページ | エキゾーストパイプ腐蝕 »