フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 13年目の車検 | トップページ | ブレーキ関係部品交換 »

2012年12月 4日

バッテリー、エンジンオイル、スタッドレスタイヤの交換

<バッテリーとエンジンオイルの交換>

2012年11月24日

前記事「13年目の車検(2012年11月11日記)」で記述したように、今回の車検で指摘を受けていた「1.バッテリー、2.排気管、3.ブレーキマスターバックと同マスターシリンダー」の内、バッテリーの交換を行った。また、今年(2012年)4月に行って以来のエンジンオイルの交換も行った。施工は「ヤナセGM横浜支店」でやってもらった。

Euroblack1.バッテリー交換
2011年5月8日に交換して以来の交換となった。通常は2-3年は交換の必要がないと言われるBOSCH-ヤナセのコラボ製品である”EURO BLACK”。1年半位での交換は一寸短くないか?と思われる向きもあると思う。実はこれも既報「エアコンの風量調節故障」(2011年8月 2日記)で記した通り、エアコンファンの故障に伴い、”バッテリー上がり”を1度起こしてしまった経緯があり、それが主要因と思われるバッテリー液の比重低下を起こしたのである。考えように寄っては、良くここまで持ったとも言えるかも知れない。
今回新しく装着したバッテリーも、再び”EURO BLACK”にした。少々高目ではあるが、2年間の保証と実際は3年位持つことを考えれば致し方ないと思っている。

2.エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換スパンは、一般的には”3,000-5,000km或いは6ヶ月”と言われている。しかし、特に最近の国産車辺りでは”1万-2万km”という話も聞かれ、オイル、エンジンの高性能化が伺える。一方、”1万-2万km”とは言っても相変わらず”3,000-5,000km或いは6ヶ月”の方がエンジンを快調に保てるという意見も消えない。諸説紛々の中、果たしてどの意見が正解なのか未だ混沌として結論は見えない。そのような状況の中、私は運転・マイカー歴30数年の経験から、”5,000km或いは6ヶ月”を基本にしている。
今回は4月21日以来走行距離では3,000kmを上回る程度だが、6ヶ月を上回る7ヶ月での交換となった。車に乗り始めて半年以上でも3,000km強しか走っていないのは初めての経験だが、エンジントラブルの予防措置の意味からも今回交換を敢行した次第である。
オイルは、SAAB指定の「Mobil 1:0W-40」。このオイル、私は結構お気に入りである。


<スタッドレスタイヤ装着>

2012年11月25日

20121125_0002今年もまたスタッドレスタイヤ装着の季節がやって来た。例年に比べると半月程早いような気もするが、既に山の方は積雪も始まっていると聞くと、半月早くても「やるに越したことは無い」と判断したのである。
タイヤは既報「スタッドレス買換え」(2012年1月13日記)で記した通り、「MICHELIN X-ICE XI2」である。嫁様の「PTクルーザー」は今年同じMICHELINの「X-ICE XI3(2012年10月発売)」にしたが、1年早かったSAABは旧モデルとなった。
約7ヶ月乗った夏タイヤにはこれから4-5ヶ月の冬眠に入ってもらい、来年の春まで「X-ICE」が活躍するのである。
今シーズンは雪が多そうな予感もあり、嬉しい状況ではないが、スタッドレスが本領を発揮することになるかも知れない。

« 13年目の車検 | トップページ | ブレーキ関係部品交換 »

愛車SAAB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/56252331

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー、エンジンオイル、スタッドレスタイヤの交換:

« 13年目の車検 | トップページ | ブレーキ関係部品交換 »