フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 奥多摩から小淵沢 | トップページ | 熱海の温泉 »

2010年11月23日 (火)

村上の鮭(シャケ)

2010年11月22日

今回の4連休では前半の2日間は晴天が続いたが、後半の2日間はあまり優れないとの予報だった。2010_11220008
前半の2日間はやらなければいけない家の仕事がありドライブは無理。後半の2日間で是非どこかに行きたい。そんな時に見たとあるテレビ番組で「村上(新潟県)」の町を紹介していたのだった。
この町、「鮭」が地場産業の目玉のようで、町の其処彼処に鮭に関係する「料理」「製品」などが見られるようだった。
新潟県は私にとって殆ど未開の地(行ったことがない)であったこともあり、興味を惹かれると同時に「行くなら今しかない。雪が降ったら行けない。」という思いも浮かんだのだった。

2010_11220001 ということで、今回は「新潟県村上市」に決定。
早速インターネットでルート検索をすると、高速道をフルに使っても片道5時間かかる計算となった。
今回の出場車はどちらにするか。「Pちゃん」か、「SAAB」か。これも悩んだが嫁様と一緒のハーフ長距離であると同時に、「雨」の可能性も考慮すると「Pちゃん」選択が無難な線という判断に落ち着いた。2010_11220005
東京(山岳地区)からの日帰りを考えると、朝5:00代には八王子ICを通過しなくてはならない。しかも、11/22は月曜日とはいいながら私のように休みを決込む人間も相当多いはずである。ということで、出発は朝5:00を目指すことにした。
結局何だかんだで自宅出発は5:30頃となったが、それでもいつもの中央道の渋滞前に八王子JCTから圏央道に入ることができ、鶴ヶ島JCTを7:00過ぎには通過。関越道、日本海東北道を使って、村上には10:30頃到着となった。

村上の街に入って間もなく、雨が降った形跡もないのに道路がびしょびしょに濡れていた。「おや?」と思いながら進むと間もなく、その理由が判明した。雪国の町にはよく設置されている融雪用の「消雪パイプ」から水を出して点検をしていたのである。いよいよ雪のシーズンが来るその前の点検が行われていたのである。「如何にも雪国」を感じさせる光景だった。

2010_11220021 第一の目的は朝市(六斎市)だった。しかし町の何処で行われているかがよく分からず、市役所で教えてもらおうと行ってみると、これが大当たり。市場は市役所の脇の道路が開催地となっていたのである。
「六斎市」のリンクを見て戴くと分かるように、市場用の駐車場は用意されていない。そのため駐車場を探すのが苦労だった。2010_11220022
これもリンクを見て戴きたいのだが、開催時間が「9時か12時頃」となっているが、実際は12時まではやっていないようである。この日も11時半近くには店仕舞いが始まっていた。

朝市の形態は道の両端にそれぞれ店を出し、野菜、魚介類、観賞用の花など数10軒の店が出されている、「輪島の朝市」に似た雰囲気を醸していた。
2010_11220024 一通り各店を見て回ると、今度はいよいよ買い物を始めた。野菜、果物、菓子類、漬物。この地の名物”塩引き鮭”も欲しい所だが、なかなか迷う所でもあった。鮭1匹丸ごとを買って美味しくなかったらどうしようか。安いに越したことはないが、どれにしたら良いのだろうか。迷いは際限なかった。
結局、1,500円のものを1匹購入したが、嫁様としては相当冒険をしたようで、「950円のものでも良かったなんて思えるようなものだったらどうしよう」と不安顔だった。結果は大正解で、この日留守番をした息子も夕飯で食べて絶賛したほどである。2010_11220011

2010_11220013一通り市場での買い物を済ますと、商店街に行って見ることにした。
メインストリートと思しき通りを歩くと、あたかもタイムスリップしたかのような錯覚を覚える古い造りの店が何軒か見られた。
その内の1つ「喜っ川」は以前テレビでも紹介された有名な店で、鮭の色々な製品を扱っている。しかも店の奥では大きな鮭を塩引きして干している。非常に歴史を感じる店である。
2010_11220033 他にも芭蕉が”奥の細道”の途中で宿泊した宿の跡とか、酒屋だが今でも店の入り口に”杉玉”をかけた所とか、色々普段見慣れな2010_11220044いものが見られた。

鮭のシーズンということで、もしかすると川を上がる姿が見られるかも知れないと、”三面川”まで行って見たがその姿は見えずじまいだった。しかし、その水量、川幅などから鮭が上って来る川としても申し分ない川のように感じられたのだった。

帰りの高速道の渋滞を予想して、村上を引き上げたのは14:00過ぎだった。少々予定より遅くなってしまったが、翌日もまだ休みであることを考えると、気分はかなり楽だった。
帰りのコースは往きの逆をそのまま戻ることになった。私の本来の趣旨としては、往き帰りを同じコースで走るのは非常に不満であったが、時間、体力などを考えると致し方ないことだった。2010_11220048
かくて自宅到着は夜7:30頃となったのだった。

« 奥多摩から小淵沢 | トップページ | 熱海の温泉 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

かめ様

こんばんは。
『村上の塩引き鮭』♪♪ やりましたねぇ~、先を越されましたねぇ~またまた。
いやはやお互いマニアック同士、刺激し合いながら次の目的地が増えてふえて、もう来年の半ば過ぎまでの候補地と予定が埋まって仕舞いそうです。
でも本当に読ませて頂く此方まで心の奥底からウキウキして来るのは、矢張りかめさんの紀行記の成せるわざです♪♪♪ 
角館もまだ出向いてませんし、課題山積!!! 
愛車も活躍の場が沢山ありますから点検とタイヤ交換をせねば♪♪ 
忙しくなりそうです、年末年始も!!!

sajamaさん

早速のご来訪&コメント有難うございます。
日本は広いです。ナンボでも行き先はありますよ。行きたい先がいっぱいで、嬉しくなります。ワクワクします。
良きライバルsajamaさん(先輩に対して失礼申しました。)のお陰だと思っています。この冬場に来年のプランを立てて、更に”ドライブ”と”切り撮り”に頑張りたいと思います。インフルエンザや風邪などで寝込んでいる暇はありませんね。(笑)

愛車のタイヤ交換、私もやらなくてはいけません。今度の土日に次男に手伝わせて、2台やろうかと思っています。

かめ様

2台、八本プラス仕舞う為の清掃、いやあぁ~頑張って下さい、腰痛には呉れぐれも御注意下さい。(実は私は坐骨神経痛が遂に今月発症しました、遊び過ぎが祟ったか!?!?)

ドライブと切り撮りの趣味も最高ですけど、御子息とのコラボ、これが素晴らしいですよ、心から敬服です。
親子の対話とか言葉で色々言われる世の中はコミュニケーション保持の難しさの世相を逆に表しているのが実態でしょうが、かめさんご一家の在り方は素敵だなぁ~と思います。 良いですねぇ~そう言う親子関係って。 この点も是非見習わせて(せめてトライはさせて)頂きますよ♪♪♪ まさにライバル且つ盟友から学ぶ♪♪です。

>sajamaさん

>まさにライバル且つ盟友から学ぶ♪♪です。

有難うございます。
私はまだまだ「ライバル」、「盟友」の域には達していないと思いますが、これからも宜しくご指導下さい。お願い致します。

「親子関係」って、あまり深いことは考えたことないのですが、どうせ勉強もしてないし、ただ遊んでいるのはもったいないから手伝わそうというだけの話です。当人も偶には体を動かしたいみたいなので、丁度利害関係が一致したということですね。(笑)

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

>りれきしょさん

初めまして。ご来訪有難うございます。
大半の記事が、夫婦でのドライブで、この時も嫁様の発案に乗っかったというのが真相です。^^;
拙い記事ではございますが、今後宜しくお願いします。
またのご来訪をお待ちしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/50106182

この記事へのトラックバック一覧です: 村上の鮭(シャケ):

« 奥多摩から小淵沢 | トップページ | 熱海の温泉 »