フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 南房総ツーリング | トップページ | 南房総ぶらりドライブ »

2013年3月 9日 (土)

房総半島-波の伊八-

2013年2月8日

去年(2012年11月18日)SOCJ(SAAB OWNER'S CLUB OF JAPAN)イベント以来となる久々の房総半島へ、今回は嫁様同伴で江戸時代の宮彫師「波の伊八(なみのいはち)」こと「武志伊八郎信由」の作品を見に行くことになった。
出動は最近すっかり定番となった「Pちゃん」こと嫁様の「PTクルーザー」である。
天気予報では「曇り時々晴れ」とまずまずの感じ。嫁様のリクエストで、第一目的地は千葉県勝浦市の朝市となった。

いつも通り早朝の出発を目指したが、出発に手間取り、予定の5時半が結局6時となってしまった。この時間では通勤渋滞に所々で遭遇する可能性が高くなっていたが、今更時間を遡る訳にも行かず、極力急いで渋滞ポイントを通過するように心掛けたのだった。
自宅を出発してR16を南に向った。この道も渋滞のメッカと言える道のため、通常は通りたくないルートだが、早朝は比較的スムーズに流れることが多く、この日も割りと快調に進むことができた。しかし、R246との交差点「東名入口」を先頭にした渋滞は、やはり避けることができなかった。今回データ更新したナビでもこの渋滞の完全回避は無理なようで、交差点手前で再び渋滞に突入するルートを示したため、敢えて回避ルートは取らずに渋滞に突入したのだった。思ったほどは渋滞を抜けるのに時間がかからず、交差点を抜けると再び流れるようになった。保土ケ谷バイパスから首都高狩場線に入り、湾岸線浮島JCTからアクアラインへと進んだ。房総半島に上陸すると、真っ直ぐ進んで圏央道木更津東ICで下道に下り、R409<房総横断道>を通り、R297<大多喜街道>、R465と進んで勝浦市を目指した。

勝浦の朝市には、ナビの誘導で迷うこともなく的確に着くことができた。
20130208_0001 路地のような道の両側に出された各店舗は、農作物、魚介類など地元でとれた新鮮な食材が並べられていた。野菜、漬物、サバやイワシの干物などを仕入ながら一通り各店舗をチェックすると、第二の目的地いすみ市の朝市に移動することにした。
この日は朝からかなり冷え込んでいて、朝市を見ていても寒さが凍みるようだった。天気も曇天のため、気温が上がる感じは見えなかった。車に逃げ込むように入ると、暖を求めるようにエンジンをかけた。エアコンの吹き出し口から暖かい空気が出て来た時は、思わず両手を吹き出し口にかざしてしまった。
20130208_0006 いすみ市へはR128<外房黒潮ライン>を北方に進み、「大原小学校」と「大原八幡神社」を目標にした。目指す「大原の朝市」は八幡神社の境内で行われている。先の勝浦の朝市同様、この日が平日と言うこともあるのかも知れないが、客も地元の人と思われる人々ばかりで、余所者は我々夫婦だけのように思われたのだった。この地に着いたのが11時頃だったこともあるのだろう、出店数も少なく、寒さも手伝って、少々寂しい雰囲気だった。

「大原の朝市」を後にすると、いよいよ「波の伊八」を見に移動を開始した。
「波の伊八」の作品は1箇所にまとめて保存されている訳ではなく、何箇所にも散在している。現代となっては見る側にとって1箇所にまとめて置いてもらえれば苦労は無いのだがという話になってしまうが、現実はそうはなっていないのである。と言うことで、1箇所目は20130208_0009 20130208_0026 「飯縄寺」と言う所に向うことにした。ここと、次に向った「行光寺」は「いすみ市観光協会」のHPでも紹介されている。
詳細は私の別ブログ「雑記」の方で紹介するので、ご参照戴ければ幸いである。
「波の伊八」の作品は、他にもまだまだあるはずだが、摂り合えず今回は2箇所で終了することにした。R128を南に下り、鴨川から「鴨川有料道路」「房総スカイライン」と走り、そのまま館山道の君津ICに向った。君津ICの手前に「房総四季の蔵」という道の駅のような施設があり、嫁様の要望により立ち寄ることとなった。私は少々眠くなったため、車内で昼寝を決め込んだが、後の嫁様の報告によれば、無料開放されている「足湯」が「最高に気持ちよかった」とのことだった。同所のHP情報によれば、”風呂”もオープン予定とのことなので、早期のオープンが待たれる。

20130208_0029 君津ICから館山道-アクアラインと進んだ所で、嫁様のたっての希望もあり久しぶりにアクアライン途中のパーキングエリア「海ほたる」に寄って見ることにした。
20130208_0036 平日と言うこともあるのだろうか、思ったより駐車場は空いていたが、それでもやはり駐車している車の数は多かった。駐車場に「Pちゃん」を置くと、エスカレーターに乗って、最上階まで上がって見た。流石に東京湾とはいえ海上の施設である。天気は回復して西陽が眩しい状況にあったが、風がかなり強かった。

「海ほたる」を後にするとアクアラインの海底トンネルを進み、浮島JCTから横浜方向へ。湾岸道から保土ケ谷バイパス、R16と進み、我が家には16:00頃到着となった。
今回のは、非常に寒い房総半島を経験するのは始めてだったため、少々早目に切り上げて来てしまったが、再度「波の伊八」に挑戦したいと思った次第である。

« 南房総ツーリング | トップページ | 南房総ぶらりドライブ »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/56919985

この記事へのトラックバック一覧です: 房総半島-波の伊八-:

« 南房総ツーリング | トップページ | 南房総ぶらりドライブ »