フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 七里岩ラインから蓼科 | トップページ | 信州鬼無里(きなさ)とそば処 »

2013年11月13日 (水)

世界遺産を見ながら

2013年8月18日

9年半ほどになる、私のドライブに付き合ってくれたSAAB9-3カブリオレに替わって、8月8日に我家にやって来たニューフェイスの「Cadillac CTS ワゴン」だが、納車以来殆ど近所を走る程度で終わっていたため、この日は少々長めの走行に駆り出した。といっても、特に目的地があった訳ではないため、こういうときのホームグランドならぬホームコースとでもいうのだろうか、いつもの同志経由山中湖で行くことにした。同志道(R413)は途中に少々きつい対面通行の場所があるが、それ以外は結構楽なコースといえる。しかし時間を間違えると、「スピード命」の方々や初心者マークが必要ではないかと思われる「バイク」などと遭遇し、「ヒヤリ」「ドッキリ」の連続となりかねない。そういう意味では少々リスキーなコースでもある。
かくいう私も「初心者」宜しく、車幅がよく分からない状態での山道、カーブなどで少々スムーズさにかける安全運転に徹したのだった。

20130818_0207 何とか山中湖畔に着くと、SAAB時代に愛用したお気に入りの場所で富士と愛車のショットを撮影した。世界遺産をバックに、ニューフェイスの愛車の撮影はまたチョット気分も違うものである。

この日は朝から好天だったが、富士も機嫌よく顔を出してくれ撮影には持って来いの状況となった。


20130818_0220 私が撮影していると、やがて他府県ナンバーの、「夏休み旅行組」と思われる家族連れが、富士山バックの記念撮影をする光景が増えて来たため、帰り道の混雑を警戒して撤収することにした。

僅か数時間のドライブではあったが、車幅感覚や、車のクセなどが少しづつ見えて、それなりに得るものはあった。ドライブフィールとしては、流石ラグジャリーカーだけあって、非常にマイルドでクセらしいクセはない。ただ、山道のカーブでシートのホールドが足りないため体が安定しないのが気になった。とはいえ、ラグジャリーカーにシートのホールドを求めること自体間違っているような気もするのだが。。。そのシートだが、総革張りは良しとして硬さが結構硬めになっている。長時間のドライブでは、少々お尻が痛くなるかも知れないと思われた。

« 七里岩ラインから蓼科 | トップページ | 信州鬼無里(きなさ)とそば処 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/58570063

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産を見ながら:

« 七里岩ラインから蓼科 | トップページ | 信州鬼無里(きなさ)とそば処 »