フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 秩父から石和へ | トップページ | 世界遺産を見ながら »

2013年11月10日 (日)

七里岩ラインから蓼科

2013年5月26日

SOCJ関東のイベントで、信州茅野市にある北欧料理「ガムラスタン」目指しツーリング行なった。
心配された天気は「快晴」となった。初夏を思わせる気温に、早速愛車の幌を開けると、心地良い風が全身を包むようだった。

集合は中央道「境川PA」。いつもなら集合時間は朝9:00から10:00頃にするのだが、5月の晴れた日曜日ということもあり、混雑を予想して「朝8:00」となった。
最近の中央道(他の高速道も同じような状況だろう。)は、休日の渋滞開始時間が早まっている。渋滞の多発地帯「相模湖IC」付近を朝7:00前には通過してしまわなければならない。ガソリンが高騰している昨今、渋滞が一層激しくなるのはどういうことなのだろうかと、自分もその中の1人だということは棚に上げて思ってしまう。

8:30頃予定の全車が集合し、中央道を諏訪方面に向かって出発した。当初の予定では韮崎ICで中央道を降り、そこから「七里岩ライン(正式には「長野県道・山梨県道17号茅野北杜韮崎線」というらしい)」を「ガムラスタン」まで、ゆっくりドライブする予定だった。しかし先頭を走った私の大チョンボで、韮崎ICを通過してしまい、仕方なく次の須玉ICで降りることにしたのである。ここでもう1つ問題が発生した。最後尾を走っていたA氏が予定通り韮崎ICで降りてしまったのである。すぐに携帯で連絡を取り現在地を確認すると、七里岩ラインに入った所とのこと。A氏にはそのまま茅野方面に進んでもらって、途中で合流することにした。とは言うものの、どこで合流して良いのか直ぐには思いつかなかった。地図を確認すると20130526_0004_2オオムラサキ自然公園」の名前が目に入ってきた。早速A氏にこの公園の駐車場で待ち合わすことを連絡し、約10分後に無事合流を果たしたのだった。20130526_0001_2
当初の予定には無い「オオムラサキ自然公園」だったが、折角なので見学したいという意見が出され、「ガムラスタン」集合(直接現地に向かう人もいたため)にはまだ時間が有ったことから、希望者による見学となった。

私とA氏は駐車場に残ることにしたが、聞けばA氏の愛車ベンツにトラブルが発生し、凡その走行に支障は無いものの、昼食後にはツーリングを離脱するとのことだった。私も父親の病状が芳しくなく、早目の離脱を考えていたので、同じく昼食後に離脱することにした。
「オオムラサキ自然公園」を出発すると、「ガムラスタン」を目指して七里岩ラインを進むことにした。この道は、R20と中央道の間を走るようなコースを取るが、結構ローカルな景色や雰囲気を感じることができ、私の好きな道の一つだった。
幾つかの右左折を繰り返し、茅野から美ヶ原高原美術館までを結ぶ「ビーナスライン」に出ると目的地まで後僅かとなった。

20130526_0008_220130526_0006_2 「ガムラスタン」の駐車場には既に4組の仲間が我々の到着を待っていた。店の開店には未だ少し時間があった。以前は予約のできなかった同店だが、最近は予約ができるようになり、開店前から構える必要は無くなった。
20130526_0009 開店時間となり、我々が通されたスペースはテラスのような造りの半オープンスペースだった。円テーブル4つに分かれて座ると、各自オーダーを行い、午後1:00頃には食事も終了した。
この後、本隊は八ヶ岳へと移動し、ティータイムを過ごして開散となる予定だったが、残念ながら私は「ガムラスタン」で本隊を離脱すると、一路東京の実家を目指した。
僅かな慌しい時間ではあったが、好天に恵まれた日の信州での時間は、最高の気分を味合わせてくれたのだった。

« 秩父から石和へ | トップページ | 世界遺産を見ながら »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/58550391

この記事へのトラックバック一覧です: 七里岩ラインから蓼科:

« 秩父から石和へ | トップページ | 世界遺産を見ながら »