フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 信州鬼無里(きなさ)とそば処 | トップページ | 精進湖・道志 »

2013年12月28日 (土)

山中湖から沼津へ

20131124

なんかしょっちゅう走っているようだが、取り合えず天気が良くて、でも行く当ても特に無かったので、何度目かの「道志道(R413)」を山中湖目指して走ることにした。

20131124_0039 思い立った時間がいつもより遅かったため、もしかすると渋滞にハマるかも知れないという懸念もあったが、もしもそのような状態になった時は引き返すつもりで向かうことにした。

20131124_0008 R412の津久井湖付近から三ケ木(みかげ)の交差点、そして道志道入口となる青山の交差点辺りが渋滞のメッカと言って良いだろう。しかし、この日は全く渋滞らしきものに遭遇しないまま、道志道を進み、気が付くと目の前に雄大な”世界遺産”の「富士山」が見えて来た。山中湖に突き当たり、湖畔のお気に入りの場所に駐車すると、撮影の準備に取りかかった。車に付いた外気温計では「-2度」を表示していた。富士山の麓はすっかり冬になっていたのである。とはいえ、湖の周りに積雪の後は無く、木々に付いた霜も朝陽に当たって解けたようで、枝からポトポトと雫が盛んに落ちていた。湖面からは霧が沸き立ち、間近に見える富士山は、丁度頭を霧の上に出している状況だった。陽の高さが増すに連れ、そんな状況も次第に無くなっていき、気温もどんどん上がりだすと、やがていつもの富士山が全景を現した。

20131124_0019 湖面を覆った霧の中に頭を出した富士というのも、それはそれでいい感じだったが、雲一つない富士山も良いものである。こういう景色に遭遇できるのは、比較的富士山の近くに住んだ者の「得」のように思えた。

暫く色々な角度から写真を撮ると、この後の行動を考えた。このまま帰宅の途に付くのも一つではあるが、今回はもう少し走りたい気持ちがあった。あれやこれや考えている内に、ふと沼津(静岡県)の”義経ゆかりの地”に行ってみても良いと思い付いた。正確には沼津ではなくその近隣の駿東郡清水町になるのだが、それほど難しい場所に有る訳ではなかった。

源頼朝が平家討伐の旗揚げをし、陣を構えたそこに弟の義経がやって来て兄弟の再会がなされたというその場所が、清水町の国道1号脇にあったのである。詳細は私の別ブログ「義経伝説を追う」で報告するが、早速兄弟再会の地、清水町の「八幡神社」を目指した。

湖を右手に見ながら湖畔を南に向かうと「旭日丘」の交差点に出る。ここを左折して篭坂峠(かごさかとうげ)を越え、御殿場からR246で沼津方面に向かう。少しだけ篭坂峠付近の凍結が心配されたが、特に問題なく通過することができた。

20131124_0042 R138から旧道に入り「ぐみ沢」の交差点でR246に出ると、暫く沼津方面に向けて走った。ナビの指示で、途中からR246を折れると少しの間裏道を走り、やがてR1に出た。そこから「八幡神社」は直ぐだったが、同神社の駐車場を見つけることができなかった。周辺をぐるぐる走り、なんとか車を駐車すると大急ぎで神社に向かい、義経と頼朝の対面の場となった(と言われている)場所の写真を撮って、またまた大急ぎで退散したのだった。

時間はまだ10時を回った所だったため、これから東名高速を東京に向かっても渋滞に巻き込まれることはないと考え、帰路は東名高速を選ぶことにした。御殿場のアウトレットを目指す車と思われる御殿場ICの出口渋滞があったものの、走行に影響は無く快適に走ることができた。足柄SAを越えて暫く行くと、路肩に覆面パトカーが違反車を伴って停車していた。またトンネルを23つ過ぎた辺りでは、パンダさんが軽のワンボックスを捕獲して、路肩に誘導していた。

無事厚木ICを出てR246を渋谷方向に走り出すと、ここでもパンダさんと遭遇した。この日は何の日だったのだろうか。「初冬の交通安全運動」か?と思われるほどよくパンダさんに遭遇したのだった。

結局12時を少し回った時間にパンダさんに捕獲されることも無く、無事帰宅することができたのだった。

« 信州鬼無里(きなさ)とそば処 | トップページ | 精進湖・道志 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/58833920

この記事へのトラックバック一覧です: 山中湖から沼津へ:

« 信州鬼無里(きなさ)とそば処 | トップページ | 精進湖・道志 »