フォト

宝箱

  • ホームページ
    かめのよもやま話
  • Yahoo!天気予報
  • ドライブコンパス
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 東海道-清水から焼津- | トップページ | 今年の桜 »

2017年1月13日 (金)

房総半島ドライブ

2017年1月13日

思い立って房総半島(千葉県)にドライブに出かけた。
自宅を出たのは午前4:00。今回は「PASSAT」の燃費と、そのハイテク装備確認をしたいのが主な目的だった。そのため、出発前にガソリンを満タンにし、トリップメーターを「0(ゼロ)」にした。

PASSAT純正ナビで、我が家から房総半島の1番目の目的地を「洲崎神社(千葉県館山市)」にセットすると、早速国道16号を南下し、横浜横須賀道路(通称 横横道路)の狩場JCTから首都高に入り、湾岸道からアクアライン、館山道と自動車専用道を進んだ。
早朝の道路は交通量も少なく、ACC(アダプティブクルーズコントロール)の威力(?)を発揮するには好都合と言えた。
館山道に入ったところで、かねてから試したかった「ダイナミックライトアシスト」を試してみることにした。
この装置はヘッドライトの「ハイ」「ロー」を自動的に切り替えるもので、先行車や対向車がいる時には自動的に「ロー」にし、それ以外は「ハイ(ビーム)」状態を保つもので、車速が60km/h以下では作動しない。従って、早朝日の出前の館山道は持って来いの状況だったのである。
結果、私の「ハイ(ビーム)」使用方法ではこの装置は”まだまだこれから”の段階にあると思われた。これは、人により感覚の違いがあると思われるので、現状でも十分と考える人も勿論いると思うが、私には不十分に感じた。特に、”先行車がいる場合”の感度が甘いと思われたのである。


洲崎神社で初詣を済ますと、房総半島の南端にある「フラワーロード」に向かった。
道の両側に菜の花が植えられていて、黄色い花が一斉に咲くと見事な景観となる。何年か前に、丁度この時期に「フラワーロード」を訪れ、路肩の菜の花をバックに愛車を撮影したのだが、今回もほぼ同じアングルで撮影したのが写真である。
「フラワーロード」を後にすると、一路銚子の「犬吠埼灯台」まで行くことにした。地図で確認して戴けば良く分かるが、「フラワーロード」から銚子の犬吠埼灯台までは、下道で約170kmの道程となる。時間にして4時間ほどだったが、ここでも”ACC”が活躍し、途中のトイレ休憩以外は一気に走り抜けることができた。


写真は途中の交差点(勝浦付近?)で停車中に撮影したものだが、ご覧の通り、給油後平均燃費が「21km/L」となり、航続距離(走行可能距離)は「1,160km」と、私の歴代の車では見たことのない数字を見ることができた。尚、この後航続距離(走行可能距離)は「1,350km」まで延びたが、残念ながら写真を撮ることができなかった。


「犬吠埼灯台」で太平洋の潮風を感じながら灯台をバックに撮影を行った。
その後帰路につき、圏央道からアクアライン、湾岸線、首都高横浜線と走り、自宅には夕方17:00頃到着した。

今回の総走行距離は522.7km、給油後燃費(車載コンピュータ上)20km/Lとなった。まだ最終給油をしていないので、満タン法での燃費は不明である。


※当記事は「みんカラ」のブログで公開済みである。

« 東海道-清水から焼津- | トップページ | 今年の桜 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510750/65608238

この記事へのトラックバック一覧です: 房総半島ドライブ:

« 東海道-清水から焼津- | トップページ | 今年の桜 »